仏事 報恩講 住職の方においでいただきました。実家にて・・

最近わたしが 仏事に 参加することが増えいろいろ勉強させていただいてます。

本日は 線香のお話を少ししていただきました。 なにげなく火をつけ立ててしまう線香ですが 線香には仏さまに香りをお供えするという意味があり、良い香りでなければいけません。白檀などの香りが好まれているようです。

そして 2つに折って 立てないように置くのが浄土真宗の習わしということです。



3~4寸の香炉に 5寸の線香が2つ折りでピッタリ入ります。寝かせていても長く焚けるようにできてるそうです。 

仏事の作法ってよく覚えておかないと 困るし お坊さんにも失礼ですよね。

読者募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です